税理士の業務内容の概要

税理士とは国家試験である税理士試験に合格するか、司法試験や公認会計士試験に合格しないと就業できない業務独占資格のひとつであることは広く知られていますが、その業務内容についてはあまり知られていません。


本稿ではその概要について記述します。

税理士の業務内容があまり知られていないことの理由の一つにそれが納税に係わる点があります。

一般に企業に就職して生活を営んでいる限り所得税や住民税については給与や賞与から天引きされて納税されていますし、消費税やガソリン税についても購入価格に含まれいて私たちはあまり意識しません。
しかし、親が死去して遺産を相続し相続税が発生したり、自ら事業を起こすとなると税務署に申告する必要があり避けては通れなくなります。


税理士の主な仕事は税務代理です。その税務に関する専門的知識を活かして法人税や所得税、消費税や相続税の申告や届出を代行します。


税務署の決定に不服がある場合はその申し立てについても行います。
その他、税務書類の作成や税務相談も行います。

税務訴訟においては補佐人として納税者のために裁判所に出向いて陳述を行います。

また、税理士の業務としては他にも成年後見制度において法的、財務的側面から被後見人、非保佐人、非保証人のサポートもあります。

また、地方公共団体の外部監査人として都道府県や市町村及びこれらの外郭団体の税金の使途をチェックする業務もあります。


他にも民事裁判での調停委員としての業務など税法に関してその業務は幅広いものとなっています。

http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result29/result29_56.html
http://www.jsda.or.jp/manabu/trust/level2/index.html
https://www.facebook.com/aboutapond





神戸の相続の情報をまとめました。

暮らしを豊かにしてくれる神戸で相続の有益な情報を提供します。