ニキビ治療に関する知識をつけましょう

美容外科とは、美容整形を専門にあつかう診療科のことをいいます。
医療目的の一般外科とは違い、美容目的で手術を行います。

ニキビについて補足説明いたします。

胸を大きくする豊胸手術や気になる部分の脂肪を吸引する脂肪吸引などの体の容姿を整えるものから、まぶたを二重にしたり、鼻を高くしたりする顔の容姿を整えるものまで様々な種類があります。

美容外科という呼称ではありますが、一般的に美容整形を行うのは形成外科の医師になります。

形成外科とは怪我やヤケド、手術跡などの体の表面の治療をしたり、怪我や病気の手術で変形した部分を治したりするのを専門に行います。例えば乳がんで切除した乳房を新たに作ったり、事故によって切断された指を繋いだりするような治療も行います。その技術を美容の分野に応用したのが美容外科です。


また、その手術内容によっては皮膚科や歯科などの医師が行う場合もあります。医師が手術を行う美容外科ですが、本来病気や怪我で行う形成外科の治療とは違って美容目的で行うため、保険が適用されることはありません。
しかし保険が適用される場合もあります。

ワキガや多汗症などの手術です。


ただし、保険が適用されるかはその美容外科によって違いますので、診察時に確認をするようにしましょう。保険の適用をするかどうかは医師の判断によるため、何件か回って気に入ったクリニックを利用するのがよいでしょう。

先ほどあげた豊胸手術や脂肪吸引などの大掛かりなものとは別に、手軽に行える「プチ整形」というものがあります。
プチ整形とは、メスを使わずに行う美容整形のことです。

埋没法という方法でまぶたを二重にしたり、ヒアルロン酸を注射することにより鼻を高くしたり、レーザーを照射することによってほくろやシミをきれいに取ったりすることができます。

一般的に施術は短時間で済み、価格も安いことから、手軽にできる美容整形としてテレビや雑誌に多く取り上げられています。
プチ整形は美容外科だけではなく、皮膚科などでも受けることができます。

ほくろの治療などの場合は、保険適用がされる場合があるので、こちらも診察時に確認をするとよいでしょう。